Teacher’s Message

英語の先にあるあなたのワクワクは何ですか?

 
英語を学ぶ理由は人それぞれだと思います。

資格のために学ぶ英語。

仕事のために学ぶ英語。

海外生活をするために学ぶ英語。

趣味で学ぶ英語。

どんな理由で学ぶ英語であっても、その先に「ワクワク」があれば、英語は話せるようになります。これはあえて断言致します!笑。

私は英語圏の帰国子女ではありませんし、小さい頃からインターナショナルスクールに通っていたわけでも、親が英語のネイティブだったわけでもありません。ごく普通に中学の英語からスタートしました。

英語が話せる生活のほうが楽しそう。

海外のお友達ができたら楽しそう。

英語圏の国に住めたら楽しそう。

10代の頃は単純に英語の先に楽しそうというワクワクしか感じていませんでした。

話せるようになった今、やはり楽しいです笑。可能性やチャンスも確実に増えました。

英語の目的は正直なんでもいいと思います。その先に何かワクワクを感じられたら、それだけで英語を学ぶ価値があると思うのです。

PRIMで英語を学ぶ生徒さん達には、英語をゴールにしてほしくないと思っています。

最初は漠然としていてもいいので、英語の先にある楽しそうな生活をイメージしてぜひ英語を学んでみてください。

もしなんらかの理由によって、仕方なく英語を学ぶ場合であったとしても、「話せない」よりは「話せる」ほうが楽しいと少しでも思えたら、それだけでも十分だと思います。

私はいつも生徒さん達に英語が話せると何が変わるのか、具体的に伝えるようにしています。どんな理由であっても、せっかく縁があって英語を始めるなら、まずそれ自体を楽しんで頂きたいですし、その先のイメージもできるだけクリアにしていきたいと思っています。

私も毎日生徒さん達と一緒に、それぞれのEnglish Lifeを具体的に想像しながら楽しくレッスンをさせて頂いています^ ^

皆さんがワクワク英語が学べる、そんな場所をENGLISH SALON PRIMは目指しています☆

 

非ネイティブとして英語を話すということ

世界人口から見たら、英語のネイティブスピーカーは6%以下しかいません。英語を日常的に話す総人口は約20億人ですが、そのうちのほとんどが非ネイティブなんです。私達が英語を話す場合、相手がネイティブでないことのほうがよっぽど多いわけですから、非ネイティブ同士での会話では、流暢に発音よくペラペラ話せることよりも、「わかり合える」ことのほうがずっと大切です。

言葉のうまさよりも「伝わる」ことをまず考えなくてはいけません。

それにはまず、最低限守らなくてはいけない言葉のルールを知る必要があります。

PRIMでは、話すために必要な基本文法、単語(熟語)、発音の3つをバランスよく身に付けていくことが大切であると考えています。

この3つがしっかりしていれば、あとは自由に表現されるべきだと思っています。

多くの方は英語は難しいと感じていらっしゃると思いますが、実はとてもシンプルなパターンで話されている言語なんです。英語は構造的に学びやすく、日常会話なら複雑な文法知識もそれほど必要ではありません。

伝わるために必要な最低限のルールを身につけたら、あとはどんどん会話を楽しんでください^ ^ 細かいことが気になって会話するのが億劫になってしまったら、また一緒に大切なポイントを振り返りましょう。

話せるようになる「プロセス」はネイティブは知りません。第二言語として英語を習得した経験者にしか伝えられない「プロセス」があります。

 

人はなぜ人から言葉を学ぶのか

人は、自分の言葉で人に伝えたい、わかり合いたい、繋がりたいという根本的な欲求を持っています。

どんなに性能のいい翻訳機ができたとしても、AI が全てコミニュケーションを取ってくれたとしても、人が持つその根本的な欲求は変わらないと思っています。

言葉はずっと人から人へと受け継がれてきました。時代がどんなに変わってもです。

感情を持ち、高い共感能力がある人間同士だからこそ、生まれる会話がたくさんあります。

人は人と言葉によって分かり合ったり、意見をぶつけ合ったり、慰めたり励まし合ったりしています。

言葉は、人と人とを繋げてくれる素晴らしいものです。

皆さんがこの英語という言語を通じて、世界中の人達と繋がり、自分の言葉で伝えられる楽しさを少しでも知って頂けたら…

そんな思いで、今日もレッスンをさせて頂いています。

 

ENGLISH SALON PRIM

Mariko Ameria Ichikawa